インドネシアのことわざ(13)

インドネシアのことわざ(13)

「Bumi mana yang tak kena hujan | ブミ・マナ・ヤン・タ・クナ・ホゥジャン」

一つひとつ訳してみると・・・
Bumi = 地面・地球
Mana = どこ・どの(不定代名詞)
Yang = 後方の文は前方の名詞を説明していることを示す接続詞
Tak = 不
Kena = 当たる
Hujan = 雨

「どの地面が雨に濡らされないのか。」
つまり、どの地面もきっと雨に濡らされることがある。
人間も同様に、過ちを起こさない人はいない。

Turun Hujan

熱帯に位置する地域ならではのことわざ。
しかし、考えてみると、砂漠でさえ昔は雨に濡らされた可能性もあるので、
砂漠に住んでいるか、熱帯雨林に住んでいるか、
人間は過ちを起こす生き物であるため、
許し合うのが大事だということ。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s